虫歯になりやすい人とそうでない人の違い

虫歯にならない人になる

>

食べる習慣が虫歯に影響する

虫歯になりやすい人の食生活

虫歯になりやすい人というと、甘いものをよく食べるイメージを持つことでしょう。
みなさんがもつイメージは、あながち間違っていません。
甘味と虫歯には大きな関係性があるのです。
ただし、甘いものばかり食べている訳じゃないのに虫歯になりやすいと思っている人もおられるでしょう。
ここでキーワードになるのが、甘味の原料なのです。
砂糖というと白いサラサラの形状を思い浮かべますが、これはショ糖と呼ばれる成分です。
このショ糖は甘いお菓子にばかり入っているわけではありません。
例えば煮物のうま味を出すのにも使われます。
また加工食品やジュース類にも入っているのです。
そしてショ糖こそ、虫歯の原因である細菌が好物とする糖質です。
つまり知らず知らず日々食べている食品の中にショ糖が多いと、その分虫歯を発生させやすい環境にあるということです。

間食もほどほどに

また食べるタイミングも虫歯に影響します。
人のお口の中というのは、食べた後は細菌が活発に動きやすい環境にあります。
細菌が活発に動くと酸が発生します。
酸が歯を溶かし、虫歯が発生するのです。
ただ私たちのお口は、この虫歯を防止する機能をもともと持っています。
食後はお口の中に唾液が出ますが、唾液は酸を中性に戻す効果を持っており、唾液がしっかりと分泌されることで虫歯を予防することができるのです。
唾液はゆっくりと浸透し、酸性から中性に戻します。
つまり食べた後に中性に戻すだけの時間が必要になります。
そこで時間を経ず間食してしまうとまた酸性に戻るため、間食が多いとその分酸性に戻りやすく、虫歯が発生しやすい環境になってしまうのです。


この記事をシェアする
TO_TOP